naoちゃんブログ
野山に出かけて、大きい生き物と小さい生き物を、探して歩きます

針ノ木岳&蓮華岳

7月27日~28日に針ノ木雪渓をのぼってきました。
先週登った息子が「コマクサがいっぱいだよ~」と教えてくれたのでその気に。

7月27日は扇沢から1時間ほど歩いたころに、合羽を着こむほど雨が降ってきました。
大沢小屋で朝ご飯を食べ、皆が出かけていく中「ど~しようかなあ~」と呑気に考えていたら、同じ山岳会の長野支部会員がやってきました。
「心配だから一緒に行くよ」と。
ありがたいです!  雪渓を一緒に登ってくれるだけに来てくれました。

大先輩に安心感と緊張感をもって歩けました。
大先輩
午後からスイミングの予定があると言って、飛ぶように下って行きました。

午後になって急速に天気が回復し、私も4時間休憩したので蓮華岳に行ってきました。
コマクサがずっと向こうまで咲いていて、それに釣られるようにスイスイ歩けます。
蓮華岳1-1

蓮華岳まであと15分、雲もきれいで稜線歩き
蓮華2-2

蓮華岳山頂。ここから槍、穂高までも歩いて行ける
蓮華3

7月28日針ノ木岳に出発
途中のお花畑で足が止まります
針の木1-1

いい天気
針の木2-2

立山と剱岳が黒部ダムの向こうに構えています
針の木3-3

元気ですよ~
針の木4-4

蓮華と針ノ木の花々
コケモモ ベニバナいちご
ヤハズヤマハハコ シナノキンバイ
ツガザクラ クロマメノキ
チングルマ チングルマ種
キヌガサソウ サンカヨウ
エンレイソウ ハナ
ハナハナ キバナホトトギス



針ノ木雪渓は白馬雪渓に比べると落石が少ないように思った
雪渓1-1
シャベルで滑って行く山岳パトロールのお兄さん。雪渓の途中で雪かきをしてくれました。
雪渓2-2




スポンサーサイト

伊豆ジオパーク「蛇石」&「細野高原」

久しぶりに伊豆ジオパークめぐりに。

伊豆スカイラインにあるスコリア層
伊豆ジオ1

「蛇石」・・・・・な~るほど。
蛇石

細野高原はこの日はとても静か
1407293021930.jpg

細野高原の花たち
はな1  はな2
はな3 はな4 やぎ

温泉が噴き出しています。温泉卵もいただきました。
温泉 温泉卵
伊豆ジオ検定にトライしていますが、なかなか多岐に富んでいてスッキリと解かせてもらえません。
でも、検定のおかげで、記憶することが楽しいことを思い出させてもらいました。



キアゲハ

ミカン山の家の庭にパセリが一株あるけれど、そのパセリを食べるのはいつもキアゲハ。
キアゲハ1

今年もキアゲハが卵を産み付けて幼虫になったのでもらってきた。
キアゲハ2

食欲旺盛であっというまに枝だけになり。
キアゲハ3

スーパーのパセリで何匹か死んでしまったので、パセリの苗をかってきて一件落着。
ムニュっと捕まっている足がかわいい。
キアゲハ4

蛹になりそうなので空いている水槽にパセリごと移動
「この中で蛹になってね」 の、期待もむなしく1匹が居間を横断して本棚の足へ。
キアゲハ5-1

蛹になったばかりの緑色から目立たない灰色に変化する。幼虫の抜け殻が下にくっついている。
意外と低い位置で完全変態する
キアゲハ5

もう1匹は水槽の角で蛹になり、12日目に羽化。
キアゲハ6

こちらも同じ日に羽化。
キアゲハ7

カゴに入れて事務所に移動。
飛べるようになってから外に放してあげました♪
羽の色が青っぽくて、大きめ。
キアゲハ9
羽の色が黄色が強く、小さめ。
キアゲハ8
キアゲハの変化を毎日見るのが楽しみな3週間でした。
蛹から背中が割れて羽化する様子を見たかったけれど、食事をしていたり、歯を磨いていたりの隙を狙って蝶になっていました。
ミカン山には珍しい、「タマムシ」「ナガサキアゲハ」も飛んできます。
Category :

2月23日の井川方面

2月14日の大雪で、井川方面は孤立状態になった。

2月23日に行ってみると、富士見峠では両脇に高く雪が積まれています。
富士見峠

あまごの里入り口では雪崩のあとがあります。
アマゴの里

白樺荘の庭にも屋根にもたっぷりの雪
白樺荘

親子のカモシカ発見!
子供は素早く高いほうへ逃げますが、お母さんは威嚇してきました。
カモシカ1

近づいていくとこちらに睨みを利かせて子供を遠くに逃がします。
カモシカ2
角がずんぐりしている特徴のまだ若そうなお母さんです。

ミカン山の大雪

2月8日の大雪です。
ミカン山には10cm位積もりました。
ミカン山1

ミカン山2

お茶畑も積もりました。
ミカン山3

湿った思い雪で、駐車場は泥だらけになっています。

ナナは、外に出歩くどころではありません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。